AWA

黒猫のTango

Track byAKIHIDE

103
3
  • 2013.06.05
  • 4:13
AWAで聴く

歌詞

捨てられた小さな黒猫 雨の中 ひとり ないていた 冷たくて 震えが止まらない 哀しくて 涙が止まらない 手を伸ばせば ほおずりをして上目遣い 甘え方を分かってるんだね 冷たい街にサヨナラをして 君と部屋へと逃げよう 胸に伝う小さな鼓動 そっと壊さぬように …夜は更けてゆく <♪> 凍えてた孤独な心を 何度でも舐めては溶かしてゆく 窓の外は 今日も雨で 誰一人 僕たちの邪魔は出来ない 朝も夜も 抱き締め合って 淡い夢を踊ろう 爪を立てて 優しく噛んで 強く絡まりながら …雨は降り続く <♪> 朝も夜も 抱き締め合って 淡い夢を見ていた 胸に残る君の爪痕 今も消えないまま 青く澄んだよく晴れた日に 君は遠くへ消えた 僕の愛しい気まぐれな猫 窓は開けておくよ …帰るその日まで <♪>

このページをシェア

AKIHIDEの人気曲

AKIHIDEのアルバム

AKIHIDE
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし