白い花

白い花

Track by TRIPLANE

1,677
42
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:江畑 兵衛

作曲:江畑 兵衛

寒空の下 凍えそうな道を
重い足取りで辿りながらも
君と見つけた花が咲いていて
思わず笑顔がこぼれそうになった
あの懐かしい場所で
冷たい雨のしずくがこぼれて
傘を持つ手にもはね返るけど
かじかんだ手を温めるものが
僕にはポケットと
片方の手しかないさ
枯れ葉を散らして風が鳴いてる
少しの温もりだけ残して行く
思い出もまた色が落ちては
自然と忘れて行く 時が流れるなら
君が僕の手を
握った拍子に
途切れかけていた
気持ちの糸がつながる
温かいその手を
握り返せない
僕の前で白い花が揺れていた
涙の跡が凍らないうちに
冷たかった雨は雪にかわっていった
震える僕の肩を叩くように
ゆっくりと優しく舞う白い花びら
燃えるように赤く色付く並木に
静かに降りる雪の頼りなさに

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります