AWA

宵待ち花火

Track byH△G

3,394
59
  • 2019.07.28
  • 3:58
AWAで聴く

歌詞

人波に押されて見上げた花火とか、 赤すぎるりんご飴のこととか。 高すぎて買わなかった綿菓子とか、 金魚掬いがなくなったこととか。 手のひらの温もり、淡い浴衣の色。 喧騒を背にした駅までの帰り道。 あの夏の夜は今でも僕の中にある。 宵待ち花火と幼き恋へのあこがれ。 あの夏のように 儚く消えてしまいそうな、 青いサイダーの味。 花火が終わって見上げた夜空とか、 初めて手をつないだこととか。 火薬の匂いとか、寂しさとか。 確かに僕らはあの夜にいた。 言葉には出来ずに彷徨った思いは、 宵の闇の中で ざわめきにとけてった。 夏が来る度に 何度も思い出すだろう。 八月の夜のきらめき、胸の高鳴り。 思い出の中に僕らの夏の忘れもの。 青く揺れる思い。 君の住む町、駅で手を振った。 遠ざかる後ろ姿を ただずっと見ていた。 あの夏の夜は今でも僕の中にある。 宵待ち花火と幼き恋へのあこがれ。 あの夏のように 儚く消えてしまいそうな、 青いサイダーの味。 青く揺れる思い。

3曲 | 2019

このアルバムの収録曲

このページをシェア

H△Gの人気曲

この曲を含むプレイリスト

H△G
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし