AWA

歌詞

微睡む君の午後に そよぐ淡色の風 羨ましげに僕は 気配をひそめ 名もなき花さえ 等しく彩る 一枚絵の中で ああ今だけ、そう今だけは 同じ風に吹かれて 決して咲かない蕾だと 何故か思い込んでは 何度も冬を越そうと 先回りしていた 臆病な心の ほころびを そっとなぞる 君と目があうたびに どこか距離を探した 落ち着かない鼓動で 嘯(うそぶ)きながら 誰かに聞いたような 珍しくもない 戸惑いだとしても ああ君だけ、そう君だけが そっと熱を落として 春を待つ蕾だと 気づいてくれたんだね ゆっくりほどいていく 目覚め出す季節に はじめて咲かせる喜びを 名付けるなら… ぎこちない 足取りで 踏み出した (A-ah) 陽だまりで 少し不思議そうに 首をかしげて笑うから (Awakening flower) まるで僕のほうが 夢の中にいたみたいだ ああ君だけ、そう君だけが そっと熱を落として 春を待つ蕾だと 気づいてくれたんだね ゆっくりほどいていく 目覚め出す季節に はじめて咲かせる喜びを 名付けるなら 名付けるなら… きっとこれは 多分これは …No name yet

このページをシェア
Double Face/三毛縞 斑(CV.鳥海 浩輔)、桜河 こはく(CV.海渡 翼)
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし