AWA

夏が終わる

Track byスピッツ

11,166
86
  • 1993.09.26
  • 4:09
AWAで聴く

歌詞

遠くまで うろこ雲続く 彼はもう 涼しげな 衿元を すり抜ける 日に焼けた 鎖骨から こぼれた そのパワーで 変わらずに いられると信じてた またひとつ夏が終わる 音も立てずに 暑過ぎた夏が終わる 音も立てずに 深く 潜ってたのに 遠くまで うろこ雲続く 彼はもう 涼しげな衿元を すり抜ける キツネみたい 君の目は 強くて 彼方の 記憶さえ 楽しそうに 突き刺してた 軽い砂を蹴り上げて走る 濡れた髪が 白いシャツ 弾むように 叩いてた またひとつ夏が終わる 音も立てずに 暑過ぎた夏が終わる 音も立てずに 深く 潜ってたのに 遠くまで うろこ雲続く 彼はもう 涼しげな衿元を すり抜ける

このページをシェア

スピッツの人気曲

スピッツのアルバム

スピッツ
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし