AWA

あるいは映画のような

Track byyama

237,016
1,585
  • 2020.09.07
  • 4:01
AWAで聴く

歌詞

午前0時 夜 遊泳 飛び乗る最終電車 階段から覗いた隘路と揺れる街路樹 夜空を隘したような車窓に映る風景 月の裏側では溜息をついている (「知らない」はもういない) 夜明けと (夕焼けとあの日を) 埋めるように (溶けてく 溶けてく) 日々の中へ まだカーテンの裏で ただ泣いてるだけの僕ら 決まりきったシナリオ通りに続けて るだけ 当てにならないよ 誰かの噂なんて 曖昧な現実と最低な夜を超えよう いつの間にか日々になった 誰も「大人」じゃなかった 雲の上に乗れると誰もが思ってた それがなんだいまじゃどうした 上か下か数字がなんだ 好きなものを信じよう それでいいはずさ そうだろ? まだカーテンの裏で ただ泣いてるだけの僕ら 決まりきったシナリオ通りに続けて るだけ 当てにならないよ 誰かの噂なんて 曖昧な現実と まだカーテンの裏で ただ泣いてるだけの僕ら 決まりきったシナリオ通りに続けて るだけ 当てにならないよ 誰かの噂なんて 曖昧な現実と最低な夜を超えよう

このアルバムの収録曲

  • 1.あるいは映画のような
このページをシェア

yamaの人気曲

yama
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし