AWA

bloodthirsty butchers

お気に入りされている
826
AWAで聴く
このページをシェア

人気曲

アルバム

一緒に聴かれているアーティスト

バイオグラフィ

吉村秀樹 HIDEKI YOSHIMURA (vocal/guitar) 射守矢雄 TAKESHI IMORIYA (bass) 小松正宏 MASAHIRO KOMATSU (drum) 田渕ひさ子 HISAKO TABUCHI(guitar) 1986 吉村秀樹(vocal/guitar)、射守矢雄(bass)、佐野紀代己(drum)の3名により札幌にて結成 1989 コンピレーション・アルバム『STRAIGHT AHEAD 2』(CAPTAIN RECORDS)参加と前後して佐野紀代巳が脱退 同年、小松正宏(drum)が加入 1990 1stアルバム『BLOODTHIRSTY BUTCHERS』(SKIN POP RECORDS)リリース 1991 7インチ・シングル『KARASU』(SKIN POP RECORDS)リリース FUGAZIの来日公演での共演をきっかけに上京 1992 コンピレーション・アルバム『TVVA』(LESS THAN TV)、『RED ZONE DISC』(NUTMEG)に参加 1993 来日したROCKET FROM THE CRYPTと共演 7インチ・シングル『ROOM』(TIME BOMB)リリース 2ndアルバム『i’m standing nowhere』(R.B.F.INTERNATIONAL)リリース アメリカ西海岸でのツアー(RADIO LIVE2回を含む計10回)を行う 1994 来日したSTEEL POLE BATH TUBと共演 COPASS GRINDERZとのスプリット7インチ・シングル(K)、 ROCKET FROM THE CRYPTとのダブル・7インチ・シングル『SPLIT DOUBLE』(BACTERIA SOUR)リリース 2度目のアメリカ・ツアーに併せ、オリンピアで行われたYO YO A GO GO Fes.に参加 同Fes.に参加していたBECKから、来日公演での共演を要請された その渡米時にサンフランシスコでレコーディングされた、初のメジャー・アルバム『LUKEWARM WIND』(TOY’S FACTORY)を同年リリース。リリースに合わせ初の全国ツアーを行う 1995 コンピレーション・アルバム『SANTA V.A.』(LESS THAN TV)に参加 1996 94年に参加したYO YO A GO GO Fes.のV.A/ライブ・アルバム『VA / YOYO A GO GO』がリリース KINGレコード内に設立されたオルタネイティブ・レーベルPaw! labelからリリースされたコンピレーション・アルバム『シンデレラV.A』に参加。本作品では吉村秀樹がサウンド・プロデューサーとしても参加する 同年、約2年ぶりのフル・アルバム『kocorono』をリリース 1997 foulとの『split CD』(LessThanTV)リリース アメリカ・オリンピアでのイベントYO YO A GO GO Fes.に2度目の参加 ブッチャーズ独自の3か月連続の企画LIVEシリーズ「日本三景」を新宿ロフトで行う Seagull Screaming Kiss Her kiss Her、eastern youth、EL-MALO、片寄明人(GREAT3)が参加 1998 国内のイベントに多数参加 主な共演者(PEAL OUT、DIG A HOLE、PEAL OUT、TOMOVSKY、ロリータ18号、ズボンズ、 COPASS GRINDERS、NAHT、COWPERS、SEETBELLY、FREAKDOWN、BLUETIP、KEROSEN454、GREAT3、 THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、ASH etc…) 1999 ミニ・アルバム『△(sankaku)』のリリースを皮切りに、HMV企画シングル『DRIWING』、 TOWER RECORDS企画シングル『ファウスト』、ブッチャーズ初のトリビュート・アルバム『We Love butches』のインディ盤、メジャー盤のWリリース、という企画盤のリリースを経て、マキシ・シングル『△(サンカク)』(UNIVERSAL VICTOR)、3年ぶりのフル・アルバム『未完成』(UNIVERSAL VICTOR)をリリース。 ブッチャーズ始まって以来のリリース・ラッシュの年となる。 また、北海道で行われた「 RISING SUN ROCK FESTIBAL」、アルバム発売ツアー「未完成でいいのだ」ツアー、NUMBER GIRLとのスプリット・ツアー「Harakiri kocorono」。年末にはFLAMING LIPSと共演するなどLIVE面でのブッチャーズの評価が高まる。 2000 前年のLIVEの評価を受けてLIVE・ラッシュの一年となる。eastern youthも参加した「simple X」を皮切りに、Hi-STANDARDとの10年ぶりの共演、RAGE AGAINST THE MACHINEからの指名による共演、「FUJI ROCK FESTIVAL’00」「極東最前線30」(コンピレーション・アルバム『極東最前線』に参加)「AIR JAM 2000」など夏のイベント・ラッシュを経て、昨年に引き続きNUMBER GIRLとの「HARAKIRI KOCORONO TOUR」を行う。 2001 映画「けものがれ、俺らの猿と」(原作・町田康、監督・須永秀明、主演・永瀬正敏)のサントラに「燃える、想い」で参加(5/30リリース)。7/18に東芝EMI移籍第一弾シングル「nagisanite」リリース。8/22にアルバム「yamane」リリース。全国12カ所に及ぶツアー「R-3 #yamane Tour 01」を行う。10/17にシングル「happy end」リリース。3年目となるNUMBER GIRLとの「HARAKIRI KOCORONO TOUR」を行う。 2002 自らの主催イベント「official bootleg」をスタート。同イベントにて54-71と共に全国5ヶ所のツアーを行う。コンピレーション・アルバム「WE HAD BEEN THERE~A tribute to Beyouds~ 」に参加。 同じくコンピレーション・アルバム「BEAT OFFENDERS ”A TRIBUTE TO THE COLLECTORS” 」に吉村秀樹がソロで参加。 2003 1/29アルバム「荒野ニオケルbloodthirsty butchers」リ リース。 田渕ひさ子をゲストに迎え、ツアー「half spring→half summerを抜けて」を行う。同ツアー中の2/13、田渕ひさ子が加入。「FUJI ROCK FESTIVAL’03」や「 RISING SUN ROCK FESTIBAL」などの野外イベントに出演。9月、初となるLIVEアルバム「green on red」、ベストアルバム「blue on red」をリリース。 2004 田渕ひさ子加入後初となるオリジナル・アルバム「birdy」を リリース。5月からは全国7大都市ツアーを廻る『birdy tour』を行う。更に10月~11月には、the band apartとのWネームツアー『official bootleg vol.004 & Smooth like butter tour』を行なう。念願の+/-{PLUS/MINUS}とmock orangeを日本に呼び、日本全国を縦断。最終日…渋谷DUOはSOLD OUTと大盛況に終わった。 『birdy 』が台湾でもリリースされる。 2005 約1年振りのフルアルバム『banging the drum』をリリース。そして、4月20日にはN.Yの+/-{PLUS/MINUS}とのRespective Cover Album『bloodthirsty butchers VS +/-{PLUS/MINUS}』をリリース。5月下旬~6月には全国10箇所を廻る『tour 05 bunging the drum』を行なう。9月には自主企画『official bootleg vol.006』にてIan MacKaye(FUGAZI)とAmy Farina(ex Warmers)と2人からなるthe evensと共演をする。11月には、初のアジア(台湾)にて+/-{PLUS/MINUS}とライブを行う。CD&Tシャツ共にSOLD OUTとなる程の好評のライブとなった。 更に11月~12月には、昨年から2回目となるthe band apartとのWネームツアー『official bootleg vol.007 & Smooth like butter tour』を行なう。昨年同様に、the band apart、+/-{PLUS/MINUS}、mock orangeの4バンドでツアーを行う。 年末には、『banging the drum』N.Yの+/-{PLUS/MINUS}とのRespective Cover Album『bloodthirsty butchers VS +/-{PLUS/MINUS}』の2作が台湾でもリリースされる。 2006 数々の国内イベントに出演する。国内外の多数のアーティストと共演する。 主な共演者…+/-{PLUS/MINUS} 、ARAB STRAP、dirty three、浅野忠信、奈良美智、eastern youth 、怒髪天、SLANG、Discharming Man、Naht、GOD’S GUTS、VOLUME DEALERS、BEYONDS、ROCK’N'ROLL GYPSIES、、MO’SOME TONEBENDER、MOST、KIRIHITO、PANICSMILE、BEAT CRUSADERS、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、MARS EURYHMICS、TOE、HIGH VOLTAGE、Reo Yokomizo&Neon Group、moools、OGRE YOU ASSHOLE… 7月…「banging the drum」ジャケットを手掛けた奈良美智氏の展示会『YOSHITOMO NARA + graf A to Z』のオープニングイベント「A-Nightで行こう!」に出演。奈良美智氏とも共演。8月…久しぶりの夏フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006』に出演。 12月…+/-{PLUS/MINUS}と3度目の日本ライブを行う。 そして、ライブと平行して新たなアルバムを制作し続ける。 ライブ活動以外も、少年ナイフのトリビュートアルバム『フォーク &スプーン』、ウルトラマン誕生40周年オムニ バスアルバム『ROCK THE ULTRAMAN』の2作品に参加。 2007 結成20年目を迎える。 20年目の節目に、自主レーベル【391tone】を立ち上げる。 2月…奈良美智氏のドキュメンタリ映画~NARA:奈良美智と旅の記録~公開。挿入歌として、「rat music rat people」「サンザン」「no future」「B2』が起用される。 遂に…2005年リリースのN.Yの+/-{PLUS/MINUS}とのRespective Cover Album『bloodthirsty butchers VS +/-{PLUS/MINUS}』がU.S.A teen beet(レーベル) よりリリース!!日本盤に+/-{PLUS/MINUS}がカバー曲を1曲追加し、+/-{PLUS/MINUS}メンバーによるリマスタリング&ライブ 映像を加えた新たなモノとなる。 5月…約2年振りになるアルバム『ギタリストを殺さないで』を…自主レーベルよりリリース!!6月、久々の全国ワンマンツアーを行う。 2月20日を皮切りに不定期に20th記念として、20日にライブを行う。 10月20日~12月20日まで、20th~21thへのツアーを行う。 2008 自主企画official bootleg を企画・実行しながら、日本国内、北海道 RISING SUN ROCK FES~久しぶりの沖縄まで沢山のイベント等に参加。海外では、台北、高雄のツアーを行う。 主な共演者(envy、Discharming Man、BEAT CRUSADERS、the band apart、+/-{PLUS/MINUS}、moools、nhnbase、MARS EURYTHMICS、BRAHMAN、YOLZ IN THE SKY、miscorner/c+llooqtortion、kamomekamome、Naht 、mass of the fermenting dregs 、原爆オナニーズ、曽我部恵一、toe、toddle、Dancebeach、nemo…and more) 2009 ライブをコンスタントに行いながら、昨年に引き続き、曲創り、レコーディングを平行して行う。約2年という歳月をかけて新作を完成させる。 また、年末には少年ナイフとの初の合同ツアー『SPACE bootleg X’MAS TOUR 2009』を行う。 2010 自主企画「official bootleg 」も20回目を迎え、SOLD OUTと更なる注目を集める。 3月には、約3年振りとなるアルバム『NO ALBUM 無題』をリリース。同時に、約13年前にリリースした「kocorono」に現在では入手困難になっている「1月」を加えた『kocorono完全盤』をリリース(3/10)。 5月からは、新譜リリースツアー「無題ナノダ」と題して、東名阪ツアーを行う。 東名阪のツアーが好評に終わり、ツアー第2弾「無題ナノナノダ」と題して、いわき、仙台、福岡、岡山、沖縄と行う。 そのまま、夏フェス「FUJI ROCK FESTIVAL ’10」「RISING SUN ROCK FESTIVAL’2010 in EZO」に出演。 夏フェス終了後、すぐに台北、高雄にてライブを行う。 近年には稀なくらいの充実した夏となった。 ここ数年の中では、一番充実したライブ三昧であった。 バンド初の長編ドキュメンタリー映画「kocorono」を鬼才・川口潤監督により完成。 2011 2月~川口潤監督!!長編ドキュメンタリー映画「kocorono」シアターN渋谷を皮切りに、ユナイテッド・シネマ札幌、フォーラム仙台、吉祥寺バウスシアター、名古屋シネマテーク、シネマート心斎橋、横川シネマ、シネ・リーブス博多駅、桜坂劇場にて劇場公開!! 6月には長編ドキュメンタリー映画「kocorono」DVD化!! 「RISING SUN ROCK FESTIVAL’2011 in EZO」にて映画「kocorno」上映!! 7月~9月 「never mind the kocorono」と題した全国ツアーを行う。 2012 結成25+1周年を迎える。 11月14日(初めてライブを行った日)にはレーベルの垣根を越えた、ファン垂涎! 関係者唖然!とした驚愕の記念ボックス「血に飢えた四半世紀」をリリースする。 リリース同日(11/14 @渋谷WWW)を初日とした「血に飢えた四半世紀ツアー」を12月まで行う! 2013 新年初仕事『youth(青春)』マスタリングを行う。 5月27日 リーダー吉村秀樹、急性心不全の為逝去。 11月14日(初めてライブを行った日)新作『youth(青春)』リリース!! 同日、念願の『kocorono』遂にアナログLP化。391toneより1,000枚セット限定プレス。180g重量盤2枚組仕様でリリース!! また、菊池茂夫氏による写真集「青春」も同日発売。 2014 bloodthirsty butchers トリビュートアルバム『『Yes, We Love butchers ~Tribute to bloodthirsty butchers~』リリース。数か月、数枚に渡ってのシリーズ化と異例の作品となる。全作品のジャケットワークは、奈良美智氏が快く賛同!!
…もっと見る
bloodthirsty butchers
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし