AWA

Vermillion

Track by石川智晶

1,994
43
  • 2007.08.22
  • 4:48
AWAで聴く

歌詞

Vermillion 僕らは生きることにしがみついたけれど Vermillion それを格好悪いとは思わない 真っすぐ過ぎる君だから 自分の椅子が見えないと 冬の枝のようにぽっきり折れるようで心配なんだ あの日丸めたままの紙切れを押し付けて走ってった -僕を覚えていて- 指で文字をなぞっては 大声で泣いた夕映え Vermillion 僕らは生きることにしがみついたけれど Vermillion それを格好悪いとは思わない 知らぬ間につくってた かすり傷から溢れる その朱く愛しいもの 手を触れずに見つめていたいよ 窓の外の気配に君の名を呼びながらしゃがみ込んだ 僕はこの世界のすべてを知ってはいけない たとえ君をなくしても Vermillion 僕らの中に静かに流れているものは Vermillion あの空より朱く激しいものだよ 朱く激しいものだよ 無性に喉が乾くのは 僕に生まれ始めた 生きたいという叫びたいほどの真実 Vermillion 僕らは生きることにしがみついたけれど Vermillion それを格好悪いとは思わない Vermillion 僕らの中に静かに流れているものは Vermillion あの空より朱く激しいものだよ 朱く激しいものだよ

このページをシェア

石川智晶の人気曲

この曲を含むプレイリスト

石川智晶
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし