AWA

Twilight

Track byHakubi

19,704
216
  • 2022.04.22
  • 4:11
AWAで聴く

歌詞

鉛のような体を引きずって 当てもなく歩く夜明け前の街 流れ出たものはとうに枯れ果てて 空になった心だけ残っている なにも知らないままで 生きていたかったな いつかまた朝がくれば きっと上手く笑えるだろう 人の優しさを知るたびにきっと いつかは離れていってしまうのと 無償の愛など存在しないと 言い聞かせ目を閉じれば忘れると 誰も知らないままで 生きていたかったな 価値がないと決めつけていたのは 私の方なんだろうか 生きていくことも 死んでしまうことも 怖くてただ私は息をしている 光すらも影の差し出す 甘い罠のように見えて掴めないんだ なんだってできると思ってた 主人公になれると思ってた いつだってどこにいたって 宝石みたいに輝けると 振り返れば誰もいなくなって 期待ばっか汚れた石だったんだ ああ 変われるかな 生きていくことも 死んでしまうことも 怖くてただ私は息をしている 今はそれで いいと思える 微かな光が差す 当たり前の日々が繰り返すたびに 夢のような今を信じられる 光すらも影の差し出す 甘い罠だったとしても 手を伸ばして触れたいんだ 触れたいんだ

1曲 | 2022

このアルバムの収録曲

  • 1.Twilight
このページをシェア

Hakubiの人気曲

Hakubiのアルバム

1曲2024年
7曲2024年
1曲2023年
1曲2023年
1曲2023年
10曲2023年
1曲2023年
1曲2022年
1曲2022年

この曲を含むプレイリスト

Hakubi
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし