AWA

後雨症

Track by平葵

39
1
  • 2022.07.04
  • 4:29
AWAで聴く

歌詞

7月の前の1週間 僕の中の灯揺らす 蝉も鳴かないそんな季節 きっとすぐに 朽ち果てると知っている 雨に打たれて泥になるのなら 陽に当たって散っていって 本能で感じた思い 煩悩で出てきた償いと知って どこか懐かしい湿った臭い 僕の小さな翅を濡らす 暖かい淡い過去の記憶 自ら総スカンを食らう いじめられて泣いていた ことも笑って隠していた あの純粋無垢な強さが 何処かに残っているといいな 雨のフィルターを通してみてた 日焼けした少年を眺めてた 僕とあの日隔てる土砂降りは 本当は泣いてる僕の涙 大差ないさ そんなことないさ あの日の僕にはずっと勝てないや ライアーライアー 情けないけどまだ生きていたいな 食えん説法なら雨天決行を 漫ろ雨なら瞑怒雨を 幼い頃からずっと考えてた 大革命的な嘘を 空疎な光には 少し抵抗を 今の僕は世界不適応症 これからもずっとこのまま 濡れていたいな 傘をささないくせが抜けない あぁ随分と日の入りが早くなって 照って全部晒していてって 生々しい午前に 触れると憂う 揺れる 蛍火がブレる 3つ目のタチアオイを腐す 夕立あの日を下って渡れ もういっそのこと全部枯らして 後遺症 夏の日の思い出 それでも過ぎていく 初夏の日々に 胸の違和感さえ 食傷気味 君は空に蹴った草履で ただ未来を描いていた本気で 分かってるんだ 潔白だなんて 幾百万里前の寓話の解で ありえないまま もう もどらないから 見えんもんなんてさ 分かり合えないや だからせめて言葉に残した ただ夢とか理想ばっか書いたから きっと君は笑うよな 地続きな今日と信じて生きてるんだ 笑顔の君が今の僕を象った なんてさちょっと臭いかな 忘れていいよ また降り出した雨がやまない 不確実な情景 無聊かこつ公園 に浮かぶ銀河同盟 繋ぐ少年 不良品の衛星 見つけては命名 明日は僕ら何処へ 素面で酩酊 あの団地の階段下に張り付いた 良からぬ雑誌の1ページや希望は 空き地に隠し埋めた夜の死骸は 思い出 思い出 食えん説法なら雨天決行を 漫ろ雨なら瞑怒雨を 幼い頃からずっと考えてた 大革命的な嘘を 食えん説法なら雨天決行を 漫ろ雨なら瞑怒雨を 幼い頃からずっと考えてた 大革命的な嘘を 空疎な光には 少し抵抗を 今の僕は世界不適応症 これからもずっとこのまま 濡れていたいな 傘をささないくせが抜けない

1曲 | 2022

このアルバムの収録曲

  • 1.後雨症
このページをシェア

平葵の人気曲

平葵のアルバム

平葵
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし