AWA

冬の空

Track bySPLAY

3,043
51
  • 2008.01.30
  • 5:05
AWAで聴く

歌詞

出逢わなければ 意味の無いことを考えた 冬の空が高すぎて悲しくて 押しつぶされそうで きみの鼻歌 思い出しては口ずさむ 優しい声 柔らかな唇をそっと震わせていた 全てを投げ出したっていいよ そう思えることが全てだった 痛み を抱えて踊り続ける日々を選んだ この恋は胸にしまっておく あの朝に溢れたきみの涙が まだ ぼくの心を締め付けるんだ だから記憶の中に そっと沈めていよう 星がいつもふたりの空には有ったか ら 青い光照らされて 迷う事無く此処まで来た 運命のせいにしたりしても ぼくはすぐに泣き出してしまうんだ こんなにも自分の中に涙が有ったな んて 知らなかったよ この恋が途切れた瞬間の あの音を聴こえない振りをした 触れた手に いつかの面影を 探してみても そう虚しくなるだけで <♪> この恋は胸にしまっておく あの朝に溢れたきみの涙が まだ ぼくの心を締め付けるんだ だから記憶の中に そっと沈めていよう 夜が来て朝が来るように 冬が去り春が訪れるように またぼくも恋に堕ちるだろう きみの知らない輝きの中で また同 じように冬の空を見上げるのだから

このページをシェア

SPLAYの人気曲

SPLAYのアルバム

3曲2007年
3曲2007年
2曲2006年
4曲2006年

この曲を含むプレイリスト

SPLAY
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし