冬の空

冬の空

Track by SPLAY

2,247
43
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:向井隆昭

作曲:向井隆昭

出逢わなければ
意味の無いことを考えた
冬の空が高すぎて悲しくて
押しつぶされそうで きみの鼻歌
思い出しては口ずさむ 優しい声
柔らかな唇をそっと震わせていた
全てを投げ出したっていいよ
そう思えることが全てだった 痛み
を抱えて踊り続ける日々を選んだ
この恋は胸にしまっておく
あの朝に溢れたきみの涙が まだ
ぼくの心を締め付けるんだ
だから記憶の中に
そっと沈めていよう
星がいつもふたりの空には有ったか
ら 青い光照らされて
迷う事無く此処まで来た
運命のせいにしたりしても
ぼくはすぐに泣き出してしまうんだ

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります