AWA

歌詞

何年も前の春のおわり 代々木の駅前で 天使を見た みんなそんなふうに 想像しないと思うけど… 天使はおじさんだった さえないおじさんだった 50代半ばくらいの サラリーマン風だった 風が吹いていた 天気はまあまあ良かった ぼくはちょっと 泣いてしまった なんでその人が 天使だって分かったかって言うと 背広の裾からそっと 羽根のさきっちょがのぞいてたから だれもそんなふうに 考えたりしないと思うけど… 天使はおじさんだった どうでもいいおじさんだった うだつのあがらなそうな サラリーマン風だった 風が吹いていた 天気はまあまあ良かった ぼくはちょっと 泣いてしまった… それから3年経って 新宿東口だった… 信号の向こう 彼を見た 僕は急いで追いかけた だけど天使は 雑踏に消えた…

このページをシェア

曽我部恵一BAND & 曽我部恵一の人気曲

曽我部恵一BAND & 曽我部恵一のアルバム

この曲を含むプレイリスト

曽我部恵一BAND & 曽我部恵一
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし