AWA

オー!リバル

12,289
120
  • 2015.08.19
  • 4:55
AWAで聴く

歌詞

肌を焦がすような南風が吹いた ほんの少し しゃべりすぎた さぁ始めよう Soul&Soul 真っ白なクロスに覆われた テーブルの上に残るグラス キャンドルの紅い灯を映す フロアを踏み鳴らすリズムが 運命の足音なのなら 煽るような手拍子は Heart Beat 魂 削りあうことでしか 分かりあえないことだってある 千の文字よりも確かに 刻まれていくんだ オー! リバル 肌を焦がすような南風が吹いた 言葉は意味を失くし 熱で感じあう 嵐呼ぶロンド もっと別の場所で何気ない場面で もし会えていたなら どうだっただろう? 手と手を取りあえたかな? 咽せ返る命のにおいと 目を細めるほどの色彩 我は今 生きている My Life 音楽や絵画にあるように 過ぎてゆく日々ひとつひとつに ささやかな題名をつけて 見送ってあげたい オー! リバル お前は誰でもない 鏡の向こう側 この姿を映してる ありのままにただ演じているだけ 心の中に棲む 弱さを恐れてた ウイルスみたいに いつかこの身を 蝕む時がくることを オー! リバル オー! リバル 姿なき姿を追い続けた先が 楽園ではなくても 夢ではなくても この目で見てみたい ギターが刻むのは 踊り子のステップ 銀の髪飾りを揺らしながら どこへと我をいざなう? 呼びあう Soul&Soul

このページをシェア

ポルノグラフィティの人気曲

ポルノグラフィティ
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし