AWA

Track byCIVILIAN

8,715
102
  • 2021.04.25
  • 4:51
AWAで聴く

歌詞

どうすれば正しかったかを いつまでも考えていた あなたの影が消えたあの日に 心がひとつ死んだ まわりだす時の中 消えかかる影追いかけて 今もしもまた会えるなら 何を求めるだろう 傍にいてと叫んだ声が 虚しく響いて静寂(しじま)に消えた 過ぎた願いは望まないから せめて今だけ その温もりを 凍えてるヤマアラシのように 泣きながら傷付けあった日 伝わらなくて吐き捨てた言葉 ただ笑って欲しかった 誰も皆気付かずに離れてく 心を置いたまま 触れあった手のぬくもりが そっと背中を押す 守れないと嘆いた声が 今でも耳に焼きついたまま たとえ世界が忘れ去っても 覚えてると確かに言った 凍てつく朝がきて 孤独な夜がきて 何度祈ってもまた 残酷な夢を見る 呪いのような身体で それでも待っていた ずっと ずっと ずっと 傍にいてと叫んだ声が 虚しく響いて静寂(しじま)に消えた 過ぎた願いは望まないから せめて今だけ 信じてると囁く声が 今でも心に焼きついたまま たとえ世界が忘れ去っても 覚えてるよ また会う日まで それまではせめて 優しい夢を

1曲 | 2021

このアルバムの収録曲

  • 1.
このページをシェア

CIVILIANの人気曲

CIVILIANのアルバム

14曲2021年
1曲2021年
3曲2021年
1曲2021年
3曲2020年
1曲2019年
3曲2018年
CIVILIAN
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし