AWAの学割 中学生以上の学生ならこんなにおトク!月額980円が月額480円に。まずは1か月無料でお試し!

剣の歌

剣の歌
6,283
36
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:日食なつこ

作曲:日食なつこ

今日もこの手がこの剣を 握る時が来た 聞こえる足音はまもなく 僕を見つけては声を上げるだろう こんなところまで気付けば 生き延びていた 記憶を掘り起こす 間もないまんまに引き抜いた きらり光った刀身に ひらりよぎった君の顔 息を吸い込み吐き出して 目を閉じては開けて たったひとりでかざした剣 それを研いだのは僕じゃない 戦うときはひとりでも ひとりの戦いじゃない 数え切れぬ相手に勝てるさと 振り下ろした 今日もこの手はこの剣で 不安を切り捨てた 怖いと思うのはたとえどんなに 強くなったって同じだろう ずっと終われぬ旅の途中 時には傷を知り 引き抜いた剣を 削らせてしまうこともあるだろう ぎらりうねった刀身に やはりよぎった君の顔 息もできずに頷いて 目を閉じてさあ歌え たったひとりで叫んだ声 敵前逃亡は許さない 負けた日になくすのはもう 僕の命だけじゃない 計り知れぬ恐怖も 切れるさと言い放った 息を吸い込み吐き出して 目を閉じては開けて たったひとりで戦う日 どうしても怖気づく夜に その勇気を仕上げるのが 最後の一押しになるのが たったひとりでかざした剣 それを研いだのは僕じゃない 戦うときはひとりでも ひとりの戦いじゃない

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります