AWA

景-kei-

Track by江沼郁弥

797
10
  • 2021.10.13
  • 3:50
AWAで聴く

歌詞

爪に砂残して 照らし出す 宵花火 弾んでる声 火薬のにおいも 渦を巻いて 寄せては返す 感傷気味では 嘘はつけない 交代で よろこんで 遊び疲れるまで 知らない朝がきても 知らない夜がきても 烈しい夏の隙間で 知らない君に会うよ 止まない虫の声も どこか空しい潮騒も 小さい君の隙間で なにかがうごめいてるよ まるごと飲み込んでくよ 寄せては返す 感傷気味では 嘘はつけない 交代で よろこんで 遊び疲れるまで こんな泡のような 取るに足らないような 変わり続けるだろう 仕方ない 仕方ない 知らない朝がきても 知らない夜がきても 烈しい夏の隙間が まるごと飲み込んでくよ 君ごと飲み込んでくよ

2曲 | 2021

このアルバムの収録曲

このページをシェア

江沼郁弥の人気曲

江沼郁弥のアルバム

8曲2022年
2曲2021年
10曲2019年
1曲2019年
12曲2018年
江沼郁弥
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし