シャロン

シャロン
28,662
388
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作曲:渡井翔太

語り継いだ神話の
1ページの様に
縋り付いたものへ
名前を付けていった
救いを乞う度
そいつを開いて
新しい話を書き記していった
そうだ
彼女は悲劇の中で息をする
灰色の庭で悲しみと踊る
止めどない痛みは
蓋をして閉じて
それを誇らしげに綴った
降り注ぐ痛みの
雨に傘もなく
報われる朝を
待ちわびた意味を
次々落とされる
それらに意味など
求めたところで
答えなどない
限りある生命を照らすように
廻り続ける日々はあなたが
記した物語の続きなんだ
そんなことは
わかってたのに
或る朝彼女は異変に気がつく
自ら綴った物語の途中
重ねたページが
厚みを増すほど
逃げ場を失くし彷徨った

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります