AWA

ATLANTE

68
2
  • 2008.04.02
  • 4:34
AWAで聴く

歌詞

遠くで稲光が ひかってる やがて 轟く空から 雨が放たれて 君が握りしめて 離せないと思うもの ひとつ ひとつ その手の中から 溶けて 流れてゆく 遠くで稲光が ひかってる 時は刻むことを忘れ ただ風になる そして細胞の記憶が まばたきのたびに 蘇って満ちて 君は アトランテの記憶を 手放した その手に取り戻せるから どんな 遠回りをした旅も やがて ひとつの場所にたどり着く日が来る もし私が先に そこで君を 待ってたら なつかしい エンレイ草を一輪 私に差し出して 何もかもが 成就してゆく日は 好きな花の香りに つつまれていたいから 拍動を繰り返す 宇宙 集められ そして また拡がってゆく だから アトランテは ふたたび 五感つきぬけて ここへやってくる 遠くで稲光が ひかってる もうすぐ 新しい未来の扉が開くよ

このページをシェア

島みやえい子の人気曲

島みやえい子のアルバム

8曲2021年
9曲2010年
2曲2009年
4曲2009年
4曲2007年
12曲2006年
島みやえい子
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし