AWA

夏の匂い

Track byLUNKHEAD

69,890
1,646
  • 4:40
AWAで聴く

歌詞

近づく街の光映した二両電車の窓 カナカナが鳴いてた いつもと同じ夏の匂いがした 慣れてきた都会の改札抜けて 大きな駅で新幹線に乗った 買っておいた小説は 飽きてしまったから しばらく眠ろう 君の髪はもう随分 伸びてしまったかな それとも ちっとも変わっていないのかな なんだかなんだか胸が高鳴る 街はもうそこまで 君の髪の端が西陽に透けて 光るのが綺麗で まだもう少しだけ、 夜よ来ないで あの日そう思った 誰もが子供だと笑うけれど 夢の見過ぎだと笑うけれど それなら僕らは子供のままで 夢を見ていたいよ 近づく街の光の中で 君が待っているから お願い もう少しだけ 時よ、 僕らを大人にしないで 二人で生きていく ただそれだけで僕ら強くなれた カナカナが鳴いてた あの日も同じ夏の匂いがしてた もうすぐ君に会える 光の中で君が待っているから だからお願い、 もう少しだけ 早く、 急いで 僕らの街まで

このアルバムの収録曲

このページをシェア

LUNKHEADの人気曲

LUNKHEADのアルバム

LUNKHEAD
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし