ステラ・ノヴァ

ステラ・ノヴァ
6,166
75
登録不要!無料で聴き放題
LYRICS

作曲:齋木孝平

彗星が落ちる
そんな報道が僕らの街中を
駆け巡っていた
未曾有の事態に誰もが隠れていた
絶望と目を合わせたのだろう
そうして ただ時間は
こぼれ落ちていった
空が煌めいたのを
君と見ていた
一等星が遠く光って
煌々と照らしている
瞬間 僕らは綺麗だなんて
口に出せずにいた
微かな希望の灯りを灯せ
ステラ・ノヴァ
民衆は語る
これは遥かな過去から
決まった運命なのだと
都合のいい理由だ
なあ 受け入れるためだと
自分を騙すような
予定調和をドラマなんて
呼べないんだ
夜がまた僕らの隙間を蝕んで
震えた手のひらに熱が通えば

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります