高円寺

高円寺
11,743
59
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:竹原ピストル

作曲:竹原ピストル

台風のくるくるが季節を早送りしたんだろうか。 さすがにまだ暑いな、 と思いつつもカッコつけで着ていた革ジャン。 陽が落ちるなりのこの寒気をまるで 予言していたかのように、 結果的にはちょうどいい塩梅にあったかいな。 今日のことなのに まるで昨日のことのように覚えているよ 北口から南口へ、南口から北口へって、 いつまでもうろうろしているこっちもわるいけど、 うろうろする度に毎度同じお嬢さんから キャバクラのポケットティッシュを渡される。 これで一体、何個目だろうか。 よっぽど俺が"好きそう"に見えるのか? よっぽど俺が覚えづらい顔をしているのか? それともひょっとして、俺が風邪をひくことを、 それこそ、予言しているのか? 今日のことなのに まるで昨日のことのように覚えているよ そんなこんなはありつつも、 結局いつも、いつものサウナにたどりつく。 ラジオで歌った後は頭を芯から ふにゃふにゃにしたくなって、サウナにたどりつく。 "そこに必然性が満ちており、尚且つ、蔑視の ニュアンスが微塵もないならば、 どんな言葉を用いてもいいのか?" と問われたならば、その答えはもちろんyes!だ。 それでいて"自分を曲げてでも、 自分をだましてでもつかみとりたいものがあるのか?" と問われたならば、その答えもまたyes!だ。 もし歌いたい歌を歌わせてもらえないなら、 はじめから何も歌いたくないって100%本気で思った そのときは、なんのことはない、 またプータローに戻るまでさ!! って、うるせっつーの、 とっとと芯からふにゃふにゃになってしまえ。 今日のことなのに まるで昨日のことのように覚えているよ こないだカウンターでとなり合わせた若者に、 握手して下さい、一緒に写真とって下さいって、 チヤホヤされているところを うっすら見ていたんだろうな、焼き鳥屋のオヤジ、 急に俺の扱いが丁寧になったじゃないか。 けっこう通ったし、そろそろ俺が三角食いが出来ない 人間だってことに気付いてくれているだろう。 一品ずつ出してくれ! 一品ずつじゃんじゃん出してくれ! 金はもってねーけど ポケットティッシュは山ほどもってるぞ! 今日のことなのに まるで昨日のことのように覚えているよ

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります