AWA

春とレム

Track by十五少女

522
11
  • 2022.06.01
  • 3:42
AWAで聴く

歌詞

迷い込んだ微睡みの底に 誰彼の声が届いていた そんな風に笑えたら ここに用はないけど まだ寒いから 眠りから覚める 夢を見ている その朝に 春風誘って 涙をさらって 霞んだ月だって掴めるのに もう何度も過ごせない 重ねた日々の下で 君だけが立ち止まった ただそれだけなんだ 鳴り止まない針にしがみついて 誰彼の声で隙間を埋め 明日こそはまともな 人になろうと思った もう少しだけ ひとひらの雪が 溶け出すような その朝に 春風誘って 涙をさらって 霞んだ月だって掴めるのに もう何度も過ごせない 重ねた日々の上で 振り返る道の先に ただ今日も焦がれてる 間違ってたのは世界の方で 何も悲しいことはないからさ 街が色づく その前に忘れてしまうかな ほら 目を開けてよ 僕は失って 君も失って 正しさに縋ってそれでいいかい もう何度も見ていた 花やぐ夜明けの夢 その中でだけ僕らは 春風誘って 涙をさらって 霞んだ月だって掴めるのに もう何度も過ごせない 重ねた日々の下で 君だけが立ち止まった ただそれだけなんだ

1曲 | 2022

このアルバムの収録曲

  • 1.春とレム
このページをシェア

十五少女の人気曲

十五少女
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし