ほおづえをつく女(1977風リサイタル渋谷公会堂)

ほおづえをつく女(1977風リサイタル渋谷公会堂)

Track by

1,076
18
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

振り向きもせずに男は去った 女は半年泣き続けた 薄暗い部屋で ほおづえをついたまま 幸せな日々を 思い出していた 何故すてられたのかも わからないまま 女は半年泣き続けた 新しい季節が女を変えた 出会いを求めて町に出た 髪を切り胸の ボタン一つはずして 化粧直して 女は生まれ変わった お茶を飲みながら ほおづえをついたまま 女は男をさがしつづけた 女はそっとタバコくわえた 男はすかさず火をつけた 翳りある女は とてもきれいに見える 思わず誰でも 手をさしのべてみたくなる 灰皿の中の古い燃えさしがまた 新しい炎でもえあがった 数える間もなく時は流れた 振り向きもせずに男は去った なれすぎた暮らしに 女は甘えすぎて 男の心にまで ほおづえをついてしまった 夜空の星がとても美しいのは ほんの少し光っているから

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります