AWA

あとがき

Track by

56
1
  • 1978.10.05
  • 3:23
AWAで聴く

歌詞

夕日が線路に向かって沈む頃 疲れた足どり急がせていたのは 君のあたたかな言葉を 知っていたからだろう 許しあえた心が崩れた部屋に 残されてたのは 小さな合鍵ひとつ テーブルクロスに薄く残るシミは 二人が暮らした僕への忘れ物 時が行けばなれてしまう それに気付いていれば それは過ぎた二人の終わりに書いた あとがきにもにて 淋しくなるだけ 今も振り返ればあの頃は 僕の後ろで暮らしていたのさ 君は

このページをシェア

の人気曲

のアルバム

この曲を含むプレイリスト

の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし