Lorde

お気に入りされている
1,504
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
APPEARS ON
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
コンテストで優勝する計算高い人や、偽物の派手な人、安っぽいコピーの人々が存在するなか、ロードは本物の“オリジナル”な存在である。 彼女の名前はエラ・イェリッチ・オコナー。ニュージーランドのオークランドの北海岸で生まれ育った彼女は並外れた能力をもっている。彼女の年齢や経験からは想像もできないような印象的なメロディーを十代のうちに作り上げ、多くの人々を虜にした。 ニール・ヤングやフリートウッド・マック、ザ・スミス、ニック・ドレイクを聞いて育ち、エタ・ジェームスやオーティス・レディングのソウルにも影響を受けたエラは、確実に強い音楽の基盤をもっていた。その後エラは、ジェイムス・ブレイクやボン・イヴェール、ブリアル、アニマル・コレクティブやSBTRKT、ドレイクなどを発見し聴いてきた。いずれも個性的なインパクトを残してきたアーティスト達だ。ロードの鋭い目線で書かれた歌詞と複数に重ねられたヴォーカルに、彼らの音楽はいろんな方向から影響を与えていた。 「ロードとはいったい誰なのか?」という謎だらけの状態で、なんの戦略もなく宣伝もないまま、彼女のファースト・シングルのリリースが決定し、それは見事な神技ともいえるものだった。ジャケットはただシンプルでリアルなロードのイラストのみだった。サウンド・クラウドで6万ものフリーダウンロードがなされた後も、「The Love Club」EPはニュージーランドのアルバム・チャートで1位であり続けた。それと同時に「Royals」は、(You Tubeに動画すらあがっていない状態だったにも関わらず)シングル・チャートで上位を占めていた。そのような成功の前に、彼女は様々なレーベルから熱い奪い合いをされる存在であり、すぐにイギリスやアメリカ、その他のメジャーな国々で契約をすることとなった。彼女のその強い音楽性と目もくらむほど明白な彼女自身の才能があったからである。グライムスやスカイ・フェレーラからドゥーム・トゥリーにわたるアーティスト達が彼女についてツイートし、BuzzFeedやペレス・ヒルトンなどもエラに注目した。なぜなら単純に、エラは他のアーティストとは大きく異なるアーティストとして期待されていたからである。 一夜にして成功した話によくあるように、エラにとっても現実は輝かしいばかりではなく、長い道のりだった。「The Love Club」のリリースの前に彼女はユニバーサルのもとで3年間活動をし、本当に才能が開花したのは彼女が、プロデューサーでありソングライターのジョエル・リトルと共同で仕事をしたときだった。彼と活動することで、エラは自分の頭の中から曲をうまく取り出し、表現することができた。そうして人々の頭の中へと曲を送り込むことに成功した。 エラの母は有名な詩人であり、エラは幼いころからT.S.エリオットやエズラ・パウンド、アレン・ギンズバーグ、レイモンド・カーヴァー、そしてシルヴィア・プラスのような詩人や作家から文学知識を身につけていたのである。ザ・ソプラノズやブリック、ソフィア・コッポラの『ヴァージン・スーサイズ』のようなドラマや映画の視覚的な影響と共に、深い思考や言葉への情熱の組み合わせがエラの作品に影響した。しかしエラの作るその組み合わせは本当にユニークなものだった。16歳の考えを代表する、よくあるありふれたものではなく、ロードの音楽はまさにフラストレーションと自由、好奇心と自信、そして10代の人生における感覚を、本当にユニークな方法で捉えていたのだ。 http://www.universal-music.co.jp/lorde/biography/#pXpLKRTOpXScCGdo.99 で詳細を読む

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります