AWA

晴るる

Track byあたらよ

70,575
610
  • 2021.04.28
  • 4:50
AWAで聴く

歌詞

歩道橋の中央から 見下ろした街並みは 鮮やかに春を帯びて 冬の終わりを知らせている 今日はどこへ行こうか 宛もなくただ歩くんだ 読みかけの小説を 鞄の奥にしまい込んで そっと頬を掠めた 春風にふわり踊る 花の欠片を集めて 掌の中閉じ込めた そうだ花ってやつは 散り際こそが美しい 僕らもきっとそうなんだ 終わりこそが美しいんだ 春の風に 願いを込めて どこか遠くへ 連れて行ってよ ふわりふわりと揺れていた 君の心に残るこの歌 いつまでだって歌っているんだよ ゆらりゆらりと揺れていた 君は儚げな顔で泣いてた いつまでだって覚えてるのに もう分からないんだよ 分からないんだよ 分からないんだよ 分かりたいんだよ この春でさえいつか終わるんだ その後は急に雨が 降り出したから 傘を買った 天気予報は大ハズレ 空には虹がかかってる 濡れたアスファルト 浮かぶ花びらは どうしようもなく 無力だ ふわりふわりと揺れていた 花は散りゆく後も美しい いつまでだって歌っているんだよ ゆらりゆらりと揺れていた 風は去り際こそが美しい いつまでだって覚えてるのに もう分からないんだよ 分からないんだよ 分からないんだよ 分かりたいんだよ この春でさえいつか終わるんだ 春の風に 想いを乗せて どこか遠くへ 連れ去ってよ ふわりふわりと揺れていた 花は散り際こそが美しい いつまでだって歌っているんだよ ゆらりゆらりと揺れていた 雨は止みゆく後も美しい いつまでだって覚えてるのに もう分からないんだよ 分からないんだよ 分からないんだよ 分かりたいんだよ この春でさえいつか始まるんだ

1曲 | 2021

このアルバムの収録曲

  • 1.晴るる
このページをシェア

あたらよの人気曲

あたらよのアルバム

あたらよ
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし