AWA

僕らはそれを愛と呼んだ

Track byあたらよ

30,751
337
  • 2023.06.02
  • 5:22
AWAで聴く

歌詞

花びら散る午前二時に 誰かが泣いていたんだ 差し伸べた掌の上 残った花は萎れていた 変われないのならそこまで 変わりたくないものまで 変わってしまうのは何故でしょう 茜色染まる空の下 僕らはそれを愛と呼んだ 普遍的な何かが作った くだらない形の愛を でこぼこなままで良いと抱きしめ 心が傷つくことなど その棘さえも愛おしいと 泣いたあの日を想っている 思い出散る午前3時 誰かが笑っていた 木漏れ日のような街灯に 濁った夜を預けていた 分からないのならそこまで 分かり合えない事まで 分かったフリするのは 何故でしょう 茜色染まる空の下 僕らはそれを愛と呼んだ 普遍的な何かが作った くだらない形の愛を でこぼこなままで良いと抱きしめ 身体が傷つくことなど その棘さえも愛おしいと 泣いたあの日を描いている 心が傷つく事など知らない 分からないこと集めていた 知らないものばかり集めては 解けないでいた夜 そうやって拾った灯で 照らした夜には 誰かがきっとそう 寄り添ってくれて居ると思うんだ 茜色染まる空の下 僕らはそれを愛と呼んだ 茜色染まる空の下 僕らはそれを愛と呼んだ 普遍的な何かが作った くだらない形の愛を でこぼこなままで良いと抱きしめ 身体が傷つくことなど その声さえも愛おしいと 泣いたあの日を覚えている 僕ら変われないまま

このアルバムの収録曲

  • 1.僕らはそれを愛と呼んだ
このページをシェア

あたらよの人気曲

あたらよのアルバム

あたらよ
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし