AWA

組曲「九尾」~玉藻前

Track by陰陽座

1,262
16
  • 2009.09.09
  • 5:38
AWAで聴く

歌詞

ねえ 童賺(わらべすか)しは 仕舞にして さあ 傍(そば)に 座(わ)して あな 徘徊(たもとお)る如(こと) 濁らせても 夜は 徒(ただ) 深ける丈(だけ) 弧の軀(み)は 御身(おんみ)のものぞ 艷場(つやば)と 寢腐(ねくた)り 搖られて 眠る 見詰(みつ)めるより 抱いて 震える迄 太刀風(たちかぜ)より 強く 崩れる迄 囁(ささや)くより 枕(ま)いて 燃え切る迄 寢る魂より 甘く 醉(え)い癡(し)る迄 ねえ 其れで少しは 男(おとこ)せらば さあ 振りを 見せて あな 裲襠(うちかけ)の褄(つま) 引き張るとは 如何(いか)に 不得手(ふえて)に非(あら)ず 夜の羽根が はらり 落ちて 火照(ほて)る 芋蟲(むし)が ふわり 浮かぶ 密(ひそ)めき 色に 燒かれて 墮ちる 見詰めるより 抱いて 震える迄 太刀風(たちかぜ)より 強く 崩れる迄 囁(ささや)くより 枕(ま)いて 燃え切る迄 寢る魂より 甘く 醉(え)い癡(し)る迄 嗚呼 痺(しび)れる 爪先 投(な)ぎ 打場(うちあ)げし 肩を 撫でる 濡れ通る 褥(しとね) 泳ぎ 寄せ返す 濤(なみ)に 漕(こ)ぎて 扱(こ)ぎて 絕え果てる迄 見詰めるより 抱いて 震える迄 太刀(たちかぜ)風より 強く 崩れる迄 囁(ささや)くより枕(ま)いて 燃え切る迄 寢(ぬ)る魂(たま)より 甘く 醉(え)い癡(し)る迄 惚(ほ)げり 立ち居るより 抱いて 震える迄 舞風(まいかぜ)より 強く 崩れる迄 接吻(くちづけ)より 嚙んで 千切(ちぎ)れる迄 鳥羽玉(ぬばたま)より 黑く 污(けが)れる迄 融け合う

このページをシェア

陰陽座の人気曲

陰陽座のアルバム

1曲2019年
14曲2018年
20曲2018年
10曲2018年
4曲2018年
30曲2016年
13曲2016年
12曲2014年
12曲2014年
陰陽座
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし