AWA

さよならベイビー

Track byPULPS

265
6
  • 2023.06.07
  • 3:12
AWAで聴く

歌詞

立ち漕ぎの後ろで 日差しを避ける 見慣れないTシャツが 白くて眩しい 今日は心臓が持ちそうにない 外に出せば1.2.3 溶けたアイス スカートについたシミは 夏の勲章 報われることのない証 吐き出さないで 飲み込んであげる 気づかないふりしてもいいから くだらないことも 笑える2人でいたかった 振り向かないで さよならベイビー 私の恋が終わっていく 汗で崩れる前髪はもう 気にしなくても良くなったのに 夜をつついた花火の後に 火種で書いた"好き"の2文字 夏の匂いが過ぎ去っても 瞳に映るあなただけを思う 遠慮のない その優しさの針が 私の胸に 刺さって取れない あなた以外に手を取られても 私はどこにも行けないから 暗い世界で1人きりのまま 動けない 振り向かないで さよならベイビー 解いた髪が風に揺れる なんてことのない後悔で 下手くそな嘘つきたくもなる 夜更けに飛んだ綿毛みたいに 私の恋が終わっていく 夏の匂いが過ぎ去っても 瞳に映るあなただけを思う きっと最後まで あなただけを思う

このアルバムの収録曲

  • 1.さよならベイビー
このページをシェア

PULPSの人気曲

PULPSのアルバム

1曲2023年
1曲2023年
1曲2023年
1曲2023年
1曲2022年
PULPS
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし