AWA

潮風を結う

Track by春瀬 烈

32
2
  • 2023.04.14
  • 4:42
AWAで聴く

歌詞

腕にそっと触れていた。 長い睫毛の影を、 私は夏の影に準えた。 じっとりと汗をかいていた。 あなたのこの木の舟を、 この海に離すのだ。 夏が終わる度に、 あなたを忘れぬようにと 努めるんだろう。 あなたは、いつも夏の匂いがした。 きっと私の特別をあなたは、 携えているんだろう。 あなたのはしゃぎ方は海を 知らない。 この先の日々も苦しむのなら、 共に背負うことをあなたとしたいん だ。 それを幸せと呼ぶ愚かさを 許してほしいんだ。 あの漣に倣った 軽やかに踊るような、 あなたを強く、強く覚えている。 体が許せるほどの空気を 吸い込んでも、 息が苦しいんだ。 夏を一人偲ぶ。 このまま海に溶けてしまえたらな。 華やいだ声が遠く響くことは、 悠久を望む儚さだ 左手に添えた向日葵の色は、 おもしろうてやがてかなしき黄色。 きっと遺されたこの悲しみは、 生まれ育ててきた幸せと 同じなんだろう。 あなたの袖を濡らす、私の弱さ。 夏の匂いが遠ざかるまで、ずっと 遠く、 遠くを見続けては潮風を結う。 日成らず朽ちる舟よ、漁火を越せ。 この先も探し続けることに、 どうか忘れてほしいなんて 言わないで。 日々をそう尽くすような愚かさを、 許してほしいんだ。

5曲 | 2023

このアルバムの収録曲

このページをシェア

春瀬 烈の人気曲

春瀬 烈のアルバム

1曲2024年
1曲2024年
5曲2023年
1曲2022年
1曲2022年
5曲2022年
1曲2021年
春瀬 烈
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし