AWA

命の唄

1,712
30
  • 2019.04.10
  • 3:46
AWAで聴く

歌詞

「生きている」 ただそれだけの言葉、 恐ろしく思えてしまう僕は。 どうしようもないような 感情の渦の中で、 明日の色を信じてる。 始発電車に乗ったあの子の憂鬱は? 青に染め上げた、 親友が笑っていた。 始発電車で酔ったあいつが俯く。 今日で終わりにするんだって 膝を折っちゃって。 逃げ込んだ暗がりは なんの光も差さぬまま。 わかっていた、 感情は3日も経てば消えて行く。 笑っていた坊主頭、 最低な日々と小銭と。 わかっていた。 お前は笑っていたんだ。 「生きていく」 ただそれだけの言葉、 恐ろしく思えてしまうあなたが、 日々を濡らし、 劣等感を抱いて眠った あなたのことを信じてる。 焦燥感と劣等感と あとそれからなんだったっけ? 笑って過ごした過去に見たんだ、 オレンジに隠した宝物を。 「生きている」 ただそれだけの言葉、 恐ろしく思えてしまう僕らは。 日々を照らせ、 大切な人喪って笑った。 あなたのことを信じてる。 生きている、 ただそれだけのことだ。 笑い飛ばせ、過去を踏み鳴らして。 日々を照らせ、 大切なものを一人で守った、 あなたのことを信じてる。 「生きている」 ただそれだけの言葉。 日々を照らせ、 劣等感を抱いて笑った、 あなたのことを信じてる。

このページをシェア

the satellitesの人気曲

the satellitesのアルバム

the satellites
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし