AWA

春ノ嵐

Track bykittone

352
9
  • 2023.04.12
  • 3:38
AWAで聴く

歌詞

通りに咲く薄紅風揺れる凛とした 横顔 不朽の名画に惹かれるように 視線が他に行き場をなくした 吹き抜けて散らした花が一つ 淡い香りを残してそっと頬を撫ぜる 透明な風に乗って胸を駆け回る君に この心も奪われそうで 前触れなく吹き荒んで眩い光放つ 其れは 春を待つ僕の元に巻き起こる 通りに舞う薄紅水溜まり染め上げた 花弁 どれだけ考えていても この想いが僕を追い越すばかりだ 月に並べた目蓋の裏側焦がす君 熱が胸を叩く頬を紅く染める 壮大な景色だって 側にいてくれないのなら この胸から何も生まれない いつかは全部消え去って灰となる 運命だとしても もう一寸その笑顔を 見ていたいだけだ 信じちゃいなかった 運命も必然もその手の温かさも 抱き寄せて奪い去る、まさに其れは 春を呼ぶ嵐 透明な風に乗って胸を駆け回る君に 気付いていたもう戻れない 戻れなくていい 透明な風になって胸を吹き荒らす 君に この心を奪われている 気付いてたんだ僕だって 初めて抱くこの想いを込めて 僕しか知らない名を付けた

このアルバムの収録曲

このページをシェア

kittoneの人気曲

kittoneのアルバム

9曲2024年
1曲2023年
1曲2022年
1曲2022年

この曲を含むプレイリスト

kittone
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし