AWA

ある夏の記録

Track bykittone

110
3
  • 2023.09.06
  • 3:03
AWAで聴く

歌詞

揺れる水面に溶けた薄月 浅い眠りに差した波の音 途切れたいくつもの声が生まれて 手繰り寄せてはまた消えて 泳いだ手を影が染める 描き出した夜空に咲いた光の雨が 閉じたこの目から溢れ落ちていく 流るるこの涙を何度生まれ 変わっても 思い出して 浅い眠りを割いた耳鳴り 酷く頭が痛む夏の夜に 途切れたいくつもの声を辿って ただ夢中で書き続けた もう二度と戻れないとしても 空になった心に花火の音が注いだ 閉じたままの目が捉えた気がした ゆらゆら波を纏う声を繋ぎ合わせて 探していた 微かな記憶 あゝ五月蝿いな 悲鳴にもよく似た 蟲の声が掻き消す波音 思い出も言葉も心も明日もいらない ただ、もう一度 描き出した夜空を咲いた花が 鳴らした 物語が終わりを告げるように 流るるこの涙は何度生まれ 変わっても 辿り着けるから 空になった心に君の声を注いで 書き残した 真夏の記録

このアルバムの収録曲

  • 1.ある夏の記録
このページをシェア

kittoneの人気曲

kittoneのアルバム

1曲2024年
9曲2024年
1曲2023年
1曲2022年
1曲2022年

この曲を含むプレイリスト

kittone
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし